• 子供の年齢:6~12歳
  • 読み聞かせの時間:15分
  • 読んだ日:2014年~2015年
  • メインテーマ:どんな困った人(?)が来ても、「いいからいいから」と歓迎してしまうおじいちゃんの話。一時、我が家ではこの本がブームでした。子供は基本的に笑える本が大好きです。

子供達からも読む本を提案

毎日色んな本を読んでいると、子供達からも保育所や小学校で読んだこの本がいいよ!という提案もあります。

ある日、私の仕事からの帰りが遅くな った日、三女(当時6歳) からの置手紙が! 私にどうしても読 んでほしかったようです。

明るすぎて困った人(?)もタジタジにしてしまうおじいちゃん

この「いいからいいから」シリーズ、 我が家の子供達がみんな大好きなだった本で す。

そして私も子供 に紹介されて大好 きになりました。

と っても呑気なおじ いちゃんが「いいから いいから」と言い続け、雷さんも貧乏神さんも幽霊さんもタジタジにして、最後はお友達になってしまうと いうお話です。

大人もお腹から笑えて癒されま す。ぜひシリーズで読んでみてください。

私は読んでいないのですが、子供達情報によると実はこのおじいちゃん4巻で亡くなってしまうらしい・・今度ぜひ読んでみようと思います。


18年4000冊続いた読み聞かせ

読み聞かせは、2001年長女0歳の時から始めました。それから、長男・次男・双子の娘と全部で5人の子供が産まれましたが、読み聞かせを続け、気が付けば18年4000冊にもなっていました。
読み聞かせを続けてきた理由はこちらをご覧ください。

コメントを残す